各社力を入れてくるおせち

毎年お正月が近づいてくると各社力を入れてくるのがおせちです。

以前はおせちは各家庭で作ることが多かったですが、時代の流れと共に百貨店やスーパー、コンビニエンスストア、インターネット通販で購入するのが定番になりました。

昔から人気を博しているのが百貨店です。百貨店は高級感を演出していて、使用する食材にも強いこだわりを見せています。

使用する食材は国産にこだわっていたり、海老やホタテなどは新鮮な産地お取り寄せ食材をふんだんに使っています。近年競争が激化しているのがお肉です。

おせちにはお肉というイメージがありませんでしたが、最近は神戸牛や松坂牛といったブランド牛肉を採用する傾向があります。特に百貨店は質の良いお肉が豊富に揃っているので、お肉のレベルはかなり高いです。

スーパーやコンビニエンスストアは高級感を出していくところと、リーズナブルで美味しさを求めていくところの二つに分かれます。

高級感を売りにしているところは百貨店に負けない高級素材を使用していて、価格も2万円から3万円くらいが相場になっています。

リーズナブルなものは1万円程度で購入できますが、使用している食材は高級食材というわけではありません。しかし、味付けや品揃えは高価なものにまったく引けを取らないので魅力的です。

インターネット通販は事前予約をすることで安く購入できたり、珍しいおせちを購入することが出来るのでいつもと一味違ったものを食べたいときはピッタリです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です