おせちの作り方もコツがある

今の世のなかでは、お正月に食卓へ出すおせち一つとっても、近くのお店で予約したもので済ましている家庭が非常に多くなっています。

しかも今や一般のお店だけではなく、インターネットを利用して予約したおせちが、日にち指定で家に届くといった時代になっています。

今の若い人たちは、このようなお料理のかずかずを手料理するという習慣がないために、まったく作る機会も失っているのは残念なことです。

これが昔であれば、今のような便利なシステムもなかったころですので、一家の主婦がおせちの材料を購入することから準備が始まり、一品ずつ作るのに大変時間がかかったものです。

黒豆一つとっても、豆を水に浸しておく時間を、さかのぼって考えなければならないのです。その他、かずかずのおせちのお料理にはそれぞれ意味が込められているので、おめでたいお正月に食べるということに意味があります。

種類のなかでも欠かせない野菜の煮しめなどは、ニンジンやレンコンなど見た目もきれいにするために切り方に一工夫するのです。花のように見せるために切り方を変えて切り込みを入れるなど、とても手の込んだものになるのです。

準備に取り掛かった主婦は、一旦お料理を作りかかると、付きっ切りで仕上げまで行うのでとても時間がかかります。

しかしこれも、当時の主婦にとっては当たり前のことでしたので、家族のために新しい良き日を迎えるためと頑張っていたものです。

今は時代も変わり、増分とおせちに対する考え方も違っていますが、お正月を迎えるためのお料理であることには違いがないのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です