おせちには多くの意味が込められている

おせちは、年の初めにその年の豊作を願って提供されている料理という考え方がありました。

近年では、新年を祝う庶民の料理として考えられていますが、江戸時代までは武家の祝い膳として提供されていた歴史がありますので、現代方式のおせち料理が提供されたのは実は最近になってからということがわかります。

最近では、特にお正月に主婦を家事から解放するという意味合いが込められていることが多いため、それに見あった食材が利用されることが多いという特徴もあります。

例えば、お正月に主婦が食事をしなくても良いように保存がきく食材が利用されていたりなど、食材面での工夫も確認することができます。

また、縁起物として提供されている傾向があるため、お正月に火を扱うことがないように保存食を利用するといった傾向も存在します。

もちろん、地域によって考え方は異なりますが、ゲン担ぎや神様に対するお供え物をあるいは収穫に対する感謝など信仰の考え方が取り入れられている節がありますので、この点は理解しておく必要があります。

地域信仰的な考え方が取り入れられているというのは、今に始まったことではありません。非常に昔から取り入れられている考え方だと考えられています。

実際に、おせちそのものは平安時代に九州で行われていた行事に由来すると解釈が存在します。平安時代から始まったこの考え方が、江戸時代の後期に庶民の考え方と混じり合って民間料理として発展したというわけです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です